ナイトアイボーテで二重にならない人もいる?

日本人の多くは一重で、生まれつききれいな二重という人は少数です。現在では安価で簡単に行えるプチ整形も主流になってきましたが、やはり整形には抵抗があるという人もたくさんいます。

 

そんな人にぴったりなのがナイトアイボーテです。ナイトアイボーテはまぶたにのりを塗って二重のラインを作り、そのまま寝ている間にクセを付けられるという商品です。

 

効果が出やすいのが特徴で、中には1日使っただけできれいなラインが定着したという人もいます。効果には個人差はありますが、大半の人に効果が出ています。

 

ナイトアイボーテで二重にならなかった人に多いのが、毎日使っていなかったりすぐにやめてしまったりといった使い方の問題です。3日で二重になったなどの口コミが多いため、1週間ほど使って効果がないと諦めてしまう人もいます。

 

効果が出るまでの期間は個人差が大きいので、1年続けてやっと二重になったという人もいます。きれいなラインができないという人は、毎日同じ位置に塗れていない可能性があります。

 

最初は難しいかもしれませんが、アイプチと同じなので慣れれば同じ位置にラインを作れるようになります。効果が高いとはいえ、中には使い続けても効果が出ない人もいます。

 

そもそも二重にならない人は、まぶたに脂肪がついて厚くなっていたり、硬いという人が多いです。そのような人はただ使うだけで効果を出すのが難しいので、ナイトアイボーテに付属しているパンフレットを参考にマッサージやトレーニングを並行して行うと良いでしょう。

 

ナイトアイボーテの塗り方

ナイトアイボーテは、夜寝る前に塗ると、寝ている間に自然な二重のクセを付けてくれて、二重を維持できるというところが魅力です。でもかなり接着力が強いので、最初はコツをつかむまで苦労や失敗も多いかもしれません。

 

でも大丈夫、これはナイトアイボーテを使う人の誰もが通る道です。何度か失敗をして、自分なりに使い方のコツや、塗り方を覚えてこそ、あこがれの二重を手に入れた時の喜びが大きくなるのです。

 

初めてナイトアイボーテを使う時は、どのくらい塗ったらいいのか量が見極めにくいかもしれません。とりあえずちょっとだけ付けると、すぐに乾いてしまうので、ある程度の量が必要です。

 

かといって、塗りすぎるとくっついて欲しくないところまでくっつくので、仕上がりが不自然になってしまいます。こればかりは適量を見極められるようになるまで、自分なりにトライして、自分にとってのベストを見つけるのが一番ですね。

 

塗るポイントとしては、ハケにしっかりと染みこませ、手早く塗り、専用のスティックでまぶたを持ち上げます。もうひとつのポイントが、毎回同じところに塗り、同じところにラインが来るようにすることです。

 

毎回場所が変わると、綺麗なクセがつきません。毎日同じ場所にすることで、少しずつ自然なクセが付き、あこがれの二重ラインが完成していきます。

 

効果については個人差がありますが、毎日続けることと、毎回同じ場所を意識することが一番のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top